zeh
ゼロエネルギー住宅へ…
和泉はZEHを推奨しています
和泉は、住宅の高気密・高断熱化、壁・天井を一体化した耐震構造、
24時間計画換気システム、太陽光発電等、省エネ設備の
組み合わせによって、家庭内における
エネルギー消費やCO2排出量の削減、耐震性の高さを実現し、
ゼロエネルギー住宅として提供しています。
グラフ
和泉のZEH普及目標
和泉では、住宅着工件数のZEH普及率50%を
目標とし事業を進めています。
  2020年 2021年 2022年 2023年 2024年 2025年
普及目標 100% 100% 101% 100% 100% 100%
実 績 0%
和泉の高気密・高断熱住宅
和泉の住宅は、「C値(隙間相当面積)」が1.0cm2/m2以下の
高気密にて、施主様に引き渡されます。
また、内気と外気を入れ替える【24時間計画換気】により、
室内にいつでもクリーンな空気を循環させます。

  • ■ 樹脂サッシ+Low-Eガラス

  • ■ ウレタン発泡断熱

  • ■ 気密測定

  • ■ 気密測定

ZEHってなんのこと?

ZEHとは、省エネと創エネを組み合わせて
エネルギー消費量をゼロにする家のことです
ZEHは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、
高効率な設備システムの導入により、
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、
再生可能エネルギーを導入することで、
年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとなることを目指した住宅」
と定義されています。

ZEHの要件: 以下①~④の全てに適合した住宅

  • 1強化外皮基準(例:石川6地域 UA値≦0.6[W/㎡k])
  • 2基準一次エネルギー消費量を20%以上削減(H25基準より20%以上)
  • 3再生可能エネルギー導入(例:太陽光発電)
  • 41~3により基準一次エネルギー消費量から100%削減

1強化外皮基準について

ZEH要件の中でも特に注目されるのが「強化外皮基準」です。各地域ごとに外皮性能(断熱性能)基準の設定がありますが、全ての地域において省エネ基準より高い水準の性能を要求しています。
和泉では、6地域でありながらUA値は0.5以下の建物であります。(東北地方の基準です)
地域区分 1地域 2地域 3地域 4地域 5地域 6地域 7地域
H25基準
UA値
0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87
ZEH
UA値
0.4以下 0.5以下 0.6以下
代表的な
都市
旭 川 札 幌 盛 岡 仙 台 新 潟 東京・
名古屋・
大阪
宮 崎

2「基準一次エネルギー消費量を20%以上削減」について

グラフZEHは、一次エネルギー消費量(その他を除く)が、省エネ基準よりも20%以上削減できることが要件となっています。

▲ページトップへ